B-mobileを長い間利用していますが、U-mobileも一緒に利用するようになりました。

どちらが速いのか

U-mobileは、25GBまで利用できるプランがあるのが魅力的です。このプランは、1日に連続でいくら利用しても通信制限がないとされています。

B-mobileは、段階的に課金されるおかわりSIMが主流ですが、最大5GBまでとなり、それ以降は低速となります。5GB以内でも、1日に300MB程度以上利用すると通信制限があるとされています。

ツインSIMが入る1台の端末をUSBケーブルでパソコンと接続しテザリングした際の速度を測定してみました。結果は下のようになりました。

測定環境

  •  平日火曜夜 20:00 混雑する時間
  •  測定場所  住宅街(アパート・集合住宅密集)
  •  キャリア  docomo
  •  SIMが2枚入る1台の同じスマホでSIMカードを切り替える。
  •  USBケーブルでパソコンとスマホを接続してUSBテザリングを行う

 

U-Mobile MAX25GB通話付きの結果

 

U-Mobile MAX25GB

B-Mobile おかわりSIM5GB 通話付き の結果

B-mobile おかわりSIM 5GB



 

調査結果

全体的に、B-MobileのおかわりSIMの方が速いことがわかりました。

上り(アップロード)については、ほぼ同じ。

下り(ダウンロード)については、U-mobileは25GBの大容量を確保するため、ダウンロード速度を約半分に設定しているようです。

同一端末(ツインSIM)による測定ですのでほぼ間違いないでしょう。

B-MobileのおかわりSIMは、集中して利用すると通信制限が行われるというデメリットがありますし、U-mobileは通信制限がありません。

WEBミーティングやYoutubeをみると、あっという間に通信制限が発動しますので利用目的に考えながら利用するとよいですね。

私は、普段はU-mobileの25GBを中心に利用して遅い場合は切替えて利用することにしました。

 

 

 

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA